未だコロナ禍の終息が見えないところですが、11月より講演会に続きまして
感染防止のための措置を講じて講演会を開催いたします。

12月講演会は、第三次といわれるコロナ禍において、働くというテーマが
様々な形でクローズアップされております。企業の存続にかかわる経営環境は
依然として厳しいものがありますが、そこに働く労働者の働き方にも大きな変
化がありました。日本最大の労働組合の連合・相原事務局長から現労働事情と
今後についてお話を伺います。

友人、知人の方々もお誘いいただき、ぜひ多数の皆様にご出席いただきます
ようご案内申し上げます。

1. 日時  2020年12月18日(金) 講演 13:30~14:30

2. 場所  国際文化会館 会議室
東京都港区六本木5-11-16 電話:03-3470-4611

3. 会費  会員(法人会員は2名様まで)無料  一般2,000円

4. 定員  40名 (定員になり次第締切らせていただきます)

5. 講演テーマ 「労働の未来について」
講師   日本労働組合総連合会 事務局長 相原 康伸 氏

6. 申込み・お問い合わせ  日本モロッコ協会事務局までメール(secretariat@nichimo-kyokai.org)にてお問合せください。

7. 申込締切: 12月15日(火)

※なお、新型コロナウイルス感染症防止のため、マスクの着用をお願いします。
また、入口で体温の計測をさせていただきますが37.5℃以上の方は入場できません。
当日、お体の不調がありましたらご参加を見合わせください。